« May 2007 | Main | August 2007 »

ワタミのコムスン買収を考える

朝からたまたまテレビを見てしまったせいか、ワタミが訪問介護は要らないといってたのに、何故一括してまで引き受けるというのかを考えてしまった。

別に介護に直接関係する訳でもないのだが、「要らない」が一転して、「それでも欲しい」になるのだから上場会社である故「救済」などというお題目ではなく、やはり「儲かる」んでしょうから、何故なのかを出勤途中に考えてしまった。

ワタミって、HPを見ると、農業や介護、教育と幅広くやっているのですが、やっぱり中心は創業の「外食」なんですよね。事業の中心が東京周辺で、関西方面はぼちぼちで、その他は…。
HPのIRを見てみると、19年3月期の連結の営業キャッシュフローが9067百万円で、投資活動によるキャッシュフローが△8828百万円。コムスン買収の提示額がいくらになるかはしれませんが、そこまでして買収するって限りには、勝算がないとなかなか手が出ないような気がするんだが…。
介護だけの収入を見込んでとなると、厳しいように思えるので、後はメイン事業である外食との連携しか無いような気がする。
ってことで考えられるのは、コムスンを食材卸としての拠点、所謂地方にも「ワタミの外食事業」を出店する為の足がかり(コムスンの拠点がある所が多ければ、コムスンへの食材供給+外食で「セントラルキッチン」を建設しても費用が賄える)って考えればペイするのかな〜っていう結論になっちゃいました。供給する数が増えれば、食材購入のバイイングパワーも増すしね。

違うかな、渡邊社長?

ところで、渡邊社長は、いつまでこの問題を放置するんでしょうかね?
コムスン買収より先のような気がするのですが…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

PEPSI ICE CUCUMBER

今日も仕事が遅くなったので、帰りに喉でも潤そうかとコンビニに立ち寄った折り、
ドリンクコーナーで、野菜系のジュースを手に取ろうとした際、ちらっと横目に入った
「キューカンバー」の文字。
ドリンクにきゅうり? まさか? とその商品を手に取ってみたら、
文字通り「コーラ+キュウリ」との説明。
野菜つながりで、まっいいかと思わず買ってしまったのが、
「PEPSI ICE CUCUMBER(ペプシ アイスキューカンバー)」です。

Rimg0008_1

キャップを開けると、ほのかなキュウリの香り。決して飲欲をそそるような香りではないけれど、
ペプシが出す商品だから、飲んだらきっと美味いんだろうと口にしました。

説明書きには「コーラとキュウリ、驚きのコンビネーションの爽やかなコーラ!」
とあるのですが、違った意味で「驚き」かもね。

僕の体調が悪かったってのもありますが、何なんだろう? この一体感のないマズさは…。
これはきっと間違って「ヘチマコロン」を飲まされてるんじゃないか?って思わせる感覚。
いやきっとあれは「ヘチマコロンの炭酸割り」に違いない。

きっと。

たぶん…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オニヤンマの羽化2007

ちらほらとホタルが見られるようになったとの話が出始め、
「そろそろ家のオニヤンマも羽化するかな〜。早起きせねば…。」と思っていた矢先、思わぬ所で発見する事に。

Rimg0021

今日は朝から田んぼの草刈りに勤しんでいた僕なのですが、シュレーゲルアオガエルの卵を仮払機でぶった切らないように注意しつつ、慎重に草を刈っていたのですが、その際に何だか見覚えがある黄色い生き物が…。エンジンを止めてそっと近寄ると、それはやはり「オニヤンマ」でした。

Rimg0016

もう11時頃なのに、まだ羽化したばかりという感じで、黒の模様がはっきり出ていない状況でした。
とりあえずは草刈りに勤しみ、途中で現れたMieさんにカメラを持って来させて撮った画像が上記の物です。Mieさんは、いつものように、トンボそのものより、抜け殻のほうがお気に入りでした。
Rimg0037_1

生まれたばかりは、まだ動く事が出来ないので、こうやってカメラに納めることも、近くでじっと観察する事も出来ます。いつみても美しいです。とくに、ボディの艶と、羽の美しさは、いつみても圧巻ですね。また明日から早起きして、今度はお庭で羽化するものを見ないとね。

Rimg0033


| | Comments (1) | TrackBack (0)

出しそびれマンホ  〜出雲市〜

しばらく記事を書いていなかったのですが、写真だけは撮り続けていたので、マンホも溜まってます。
少しずつ、地図を完成させる為にも出して行こうと思います。
まずは、お正月の初詣の定番、出雲大社でのマンホ。

Dscn6503

日御碕灯台ですかね。

beansマンホマップ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

姫路のマンホ

姫路のマンホ。ウPし忘れていましたね。 白鷺城故、しらさぎですかね。 Rimg0062

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白い妖精 〜ウスバシロチョウ〜

Rimg0007

我が家に藤の花が咲き乱れ、ネギボウズが顔をのぞかせる頃、どこからともなく風に揺られて、白い蝶が飛んできます。その飛び方は、ゆったりと風を受けて飛んでおり、モンシロチョウやヒメシロチョウのように忙しなく飛んでいる姿とは対照的です。その優雅に飛ぶ主こそが「ウスバシロチョウ」です。「ウスバアゲハ」とも言うとおり、モンシロチョウの仲間ではなく、アゲハチョウの仲間です。
Rimg0011


その優雅な飛び方に、この地方で暮らすようになって初めて見た時に感じた事が、タイトル通り「白い妖精」のようだな〜って思った事です。そのゆったりとした羽の動き毎に、あたかもキラキラした白い鱗粉をまき散らしているかのような錯覚におちいります。僕は、この優雅に舞う白い蝶が大好きです。

Rimg0038_2

寿命が短いのか、1ヶ月もすると全く姿が見えなくなります。特に、最後に見かける頃には、鱗粉が落ちてしまったのか羽が白ではなく透けて見えるようになります。その儚さも、心引かれる原因なんでしょうね。

下の画像は昨年撮影した物ですが、羽が透けていて、羽の向こう側にある花が透けて見えるのが良く分ります。参考までに。
Dscn4282

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | August 2007 »