« August 2007 | Main | October 2007 »

生活習慣病予防検診

昨日は年に一度の人間ドッグに行ってきました。 僕は、年に2回健康診断を受けるようにしています。1回目は春に行う、会社で費用負担してくれる一般検診。2回目は健康保険で一部負担をしてくれる生活習慣病予防検診を受けています。 今回は、その2回目の生活習慣病予防検診です。

健康にはそこそこ自信があったので、今まで精密な検査を要求したい無かったのですが、今回は発泡剤を飲まされてゲップをするなと言われ体位をゴロゴロ変えられる胃透視ではなく、今まで受けた事が無く、皆が嫌がる『胃カメラ』を、興味本位で受けてみようと思い申し込んでいました。
別に健康が気になったのではなく、本当に『どんだけ〜』辛いのかを試したくて申し込みました。

そのメインイベントは、検診の最後にあり、まずは筋肉の動きを制御する注射を打たれ、次にベッドに寝ながら口の中にゼリー状の麻酔?をふくまされ、喉の周囲を痺れさせられました。
この時間が思ったより長く、唾を飲み込めないからコレって嫌だなって思ってました。
その間も、他の人は近くで胃カメラを飲んでおり、人に聞く『嘔吐く』感じが、感じ取れなかったので、『今時のカメラはたいした事無いのかな?』って、たかをくくっていたのですが、自分の番になり、医師が持っているカメラを見た瞬間に、気絶しそうになりました。

『ふっ、太い!』

そう、
胃の中に入れるカメラの管が、思ったより太いのです。
そういえば、胃カメラ飲む前に書かされた誓約書に、異常が認められたら、細胞を採取するけど、
その時は別料金ね! みたいな事が書いていたので、その機能が最初から組み込まれたカメラ故太いのではないか? と混乱した頭の中、
『リラックスしてください!』
と無機的に話す医師の言葉がこだまする中、胃カメラを口からぶち込まれました。

喉を少し過ぎた辺りで、『こんなの入る訳無いじゃん!』という思いとともに、吐き気が襲って来て、
以後ずーっと、『おぇー! おぇー!』と嘔吐いてました。

このとき初めて、『前日の夜9時以降飲食禁止』という意味が判りました。
この状況っていうのは、吐く物が無くなっても吐き気がある酔っ払った状況に似ています。一つだけ違うのは、吐いても吐いても、口を貫き通す『管』が在る事です。

吐き気と涙の中、『もうすぐ終わりますよ!』という医師の慰めの中、ただもう『早く終わってくれ〜。』と言う、力ない祈りの中、するすると胃の中を逆流する胃カメラをしっかりと感じながら、涙するしか力が無くなっていた情けない自分が居ました。

終わってみればなんて事は無いとはいえ、健康なのに(結果も)何でこんな目に遭わなきゃならんだ?という思いで、どんな事があっても健康は維持してやると誓った豆男でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

洗濯機でゴロゴロ

昨夜の宴で飲み過ぎた日曜日の朝、二日酔いの微睡みの中、豆嫁の不可思議な言葉が僕に投げかけられた。

「携帯を洗濯してしまったから、平日行く暇無かったら、朝から行って来て。」

「Z・・・、うん?」
「 ケ イ タ イ セ ン タ ク・・・」

携帯電話がゴロゴロと水流にのまれている映像が頭に飛び込んで来て、その驚きで飛び起きてしまった?

「どういう事?」と言う僕の問いに、
豆嫁は「酔っぱらって帰って来て、ズボンに携帯入れたままにしてるからやん。」だって。
どっちが悪いんだ?

携帯が無いと仕事にならないし、迷う暇も無く買いに行かなければ。
っていうか水没したって事はデータは?
あ〜ん・・・。
そっちの方が、何万倍もショックかも。トホホ…。

とりあえず電源が入らない携帯を持って、データ復旧という淡い期待を持って携帯購入へ行きました、Mieさんを連れて。

元々、バッテリーの持ち具合が短くなっていたので、買い換えを検討していたのですが、出来ればEXILIM携帯が型落ちで安くなってからって考えていたので、今では高過ぎておいそれと買える訳が無い。いや正確に言うと買えないと言う訳じゃなく、豆嫁に「高いの買って!」と文句を言われてしまう価格帯だということなのです。
となると、どうしても思惑と違う物を購入しなければならないので、困ったな〜とMieさんに相談しつつ、購入する品をあれこれ検討しました。
Mieさんは、水で駄目になったのだから「防水」にすればとのアドバイスだったのですが、売り場のお姉さん曰く、防水の物は真水なら1時間くらい大丈夫だけど、海水や薬品(塩素)等が入った水は無理だし、洗濯機でグルグルは無理っということなのでパスしました。(意味ね!)
ワンセグも要らないし、お財布携帯も要らないし、携帯に音楽も必要ないし(ipodで充分)で、結局カメラが良いのしか僕にとっては魅力が無いのよね。
いくら考えてみても、少々高いのは判っていても、やっぱりEXILIM携帯が欲しかったんだよね。
あれこれ手を考え、豆嫁にこの価格ならOKと言われそうな価格になるまで、カード決済代金を色々とお店の人の協力を得て操作してもらい、何とか納得プライスでカードを切りました。(完璧:笑)

Mieさんには、「少し裏技使うけど、母さんには本当の値段を言ったらあかんで。」と釘を刺し、二人の内緒ごとにしました。
内緒毎はうれしいようで、ニコニコしながら「内緒な!」と喜んでおりました。

最近、豆婆も携帯を買い、僕のも新しくなったので、Mieさんに「絶〜っ対、母さんも、買い替えようかな〜。って言うで!」って教えてあげていたら、案の定、豆嫁は真っ先に僕の携帯を触りながら、「いいな〜、母さんも買い替えようかな〜。」ですと。
Mieさんと顔を見合わせながらクスクス笑ったのは言うまでもなく、そのことを察知した豆嫁はすぐに「最近バッテリーの持ちが悪くなったからやで。」って言い訳してました。うらやましいくせにね!

Dscn6853
ぱっと見て、どっちが携帯か分らないですね。

ちなみに、初めて知ったのですが、携帯を水に濡らしてしまった場合、冷蔵庫に入れたりして完全に乾かしたら、まれに電源が入るラッキーな人もいるのだとか。とい言う事で、現在、僕の旧携帯は冷蔵庫の中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »