« 洗濯機でゴロゴロ | Main | DARAZ(だぁず)自動販売機 »

生活習慣病予防検診

昨日は年に一度の人間ドッグに行ってきました。 僕は、年に2回健康診断を受けるようにしています。1回目は春に行う、会社で費用負担してくれる一般検診。2回目は健康保険で一部負担をしてくれる生活習慣病予防検診を受けています。 今回は、その2回目の生活習慣病予防検診です。

健康にはそこそこ自信があったので、今まで精密な検査を要求したい無かったのですが、今回は発泡剤を飲まされてゲップをするなと言われ体位をゴロゴロ変えられる胃透視ではなく、今まで受けた事が無く、皆が嫌がる『胃カメラ』を、興味本位で受けてみようと思い申し込んでいました。
別に健康が気になったのではなく、本当に『どんだけ〜』辛いのかを試したくて申し込みました。

そのメインイベントは、検診の最後にあり、まずは筋肉の動きを制御する注射を打たれ、次にベッドに寝ながら口の中にゼリー状の麻酔?をふくまされ、喉の周囲を痺れさせられました。
この時間が思ったより長く、唾を飲み込めないからコレって嫌だなって思ってました。
その間も、他の人は近くで胃カメラを飲んでおり、人に聞く『嘔吐く』感じが、感じ取れなかったので、『今時のカメラはたいした事無いのかな?』って、たかをくくっていたのですが、自分の番になり、医師が持っているカメラを見た瞬間に、気絶しそうになりました。

『ふっ、太い!』

そう、
胃の中に入れるカメラの管が、思ったより太いのです。
そういえば、胃カメラ飲む前に書かされた誓約書に、異常が認められたら、細胞を採取するけど、
その時は別料金ね! みたいな事が書いていたので、その機能が最初から組み込まれたカメラ故太いのではないか? と混乱した頭の中、
『リラックスしてください!』
と無機的に話す医師の言葉がこだまする中、胃カメラを口からぶち込まれました。

喉を少し過ぎた辺りで、『こんなの入る訳無いじゃん!』という思いとともに、吐き気が襲って来て、
以後ずーっと、『おぇー! おぇー!』と嘔吐いてました。

このとき初めて、『前日の夜9時以降飲食禁止』という意味が判りました。
この状況っていうのは、吐く物が無くなっても吐き気がある酔っ払った状況に似ています。一つだけ違うのは、吐いても吐いても、口を貫き通す『管』が在る事です。

吐き気と涙の中、『もうすぐ終わりますよ!』という医師の慰めの中、ただもう『早く終わってくれ〜。』と言う、力ない祈りの中、するすると胃の中を逆流する胃カメラをしっかりと感じながら、涙するしか力が無くなっていた情けない自分が居ました。

終わってみればなんて事は無いとはいえ、健康なのに(結果も)何でこんな目に遭わなきゃならんだ?という思いで、どんな事があっても健康は維持してやると誓った豆男でした。

|

« 洗濯機でゴロゴロ | Main | DARAZ(だぁず)自動販売機 »

Comments

こんにちわ、はじめまして
eしずおかブログから飛んできました。
今後もヨロシクです。http://porarisu.eshizuoka.jp/

Posted by: 朝日 | 2007.09.27 at 07:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16627/16367004

Listed below are links to weblogs that reference 生活習慣病予防検診:

« 洗濯機でゴロゴロ | Main | DARAZ(だぁず)自動販売機 »