虎 散る…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、ハーッ。

状況が不利なのは判ってましたが、こんな結果になるとは、言葉が出ません。

ボビーが千葉ロッテマリーンズの監督に就任した時に、「千葉ロッテ応援宣言!」をして、タイガースとマリーンズの日本シリーズを夢見ていた僕なのですが、この状況には正直マリーンズの優勝を喜ぶ気持ちにはなれませんでした。
本当にショックです。
今は言葉も出ませんが、このショックを糧に、来シーズン日本一になることを願って、来シーズンは原点に戻って「虎」だけを応援していく所存です。
タイガースの皆様、タイガースファンの皆様、一年間お疲れさまでした。明日から来シーズンです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

虎さん優勝おめでとう!

阪神タイガースが、予定通りリーグ優勝しましたね。タイガースの皆様、およびファンの皆様おめでとうございます! 昨晩は良い酒だったでしょう!(Me too!)
さて、走攻守三拍子そろった本格的な強さを誇った阪神タイガースに、生まれもっての虎ファンの僕としては、たくましさを感じるのと同時に、一抹の寂しさを感じております。優勝した日に何もそんなことをと言われる方もいらっしゃるでしょうが、本心なので仕方が無いのです。
僕にとって「阪神タイガース」とは、強いチームと勘違いさせてくれる〜一時の夢を見させてくれると言うか、東京(巨人軍)に対するコンプレックスの象徴というか、情けない状態を愚痴るためのネタというか、なんて言うか、まあ一言で言えば「決して本当に強いチーム」であってはならなかったはずなのにって感じなのです。
だから、20年前の優勝の時や、一昨年の優勝のときのように、素直に喜べないのです。それは、強さに怪し気な所が無い、本当に強い球団になってしまったって印象を受けるからです。そんな阪神ファンって意外に多いのでは?と思うのは僕だけでしょうかね。
もしかしたら、巨人ファンってずーっとこんな感じだったのかな?むしろ現在の巨人に、往年の阪神の姿がオーバラップしてしまいます。以前は巨人って聞くだけでアレルギー反応を起こしていたのに、気がつけば巨人の中にも好きな選手がたくさんいるんですもんね。そんな感情が原因かな?
阿部、小久保、木佐貫、鈴木は好きですし、今の堀内監督こそ数十年前の阪神の監督そのものって感じで、ある意味好感が持てます。だって、こいつ絶対あかんは!ってシーズン前から思わせるのって、絶対昔の阪神の監督でしょう? 後藤の熊さん並です。だから応援してたのにな〜。
阿部だか誰だかがコメントしてたようですが、目の前での阪神の胴上げの悔しさを来年の糧にすると。これも昔の阪神ですよね。
阪神が盛り上がるのは、シーズンオフと春先までってのが相場だったのが、今や年中行事。これって、裏を返すと楽しくない! 虎ファンの血は変えられませんが、このオフから春先までは、プロ野球の為に、かつての虎のような巨人軍を温かく見守っていこうと思う僕なのでした。

追記:やっぱり中日じゃあ駄目なんだよな〜、巨人じゃないと。そして巨人が憎たらしいほど強くなって、これでもかって程のアンチ巨人を展開出来る日を夢見てます。しかし、それまで強い阪神を維持出来るかな?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

遠井吾郎さんの死を悼む

0628pb01「仏の吾郎さん」こと遠井吾郎さん(阪神タイガースOB)が、27日午前5時24分、肺がんのため東京都品川区の病院で亡くなった。(デイリースポーツ参照) 「遠井吾郎」といっても、今の若い人にはほとんどわからなと思いますが、古くからの虎党には「仏の吾郎」として親しまれた人で、僕にとっては『ヒーロー」でした。

そう、それは僕がまだクソガキのころ、僕は甲子園球場の近くに住んでいたので、よく練習風景を見に甲子園へ出かけておりました。一番通ったのが’75〜’76頃かな。ミスタータイガース「掛布」がまだ新人の頃です。
最初は「田淵」などのスター選手が目当てで通っていたのですが、「ブチ」はスター故か握手くらいはしてくれるものの、話などしたこともなかったのです。そういったスター選手とは違って、いつもバックネット裏で見学していた僕らの所に足を運んでは優しく話をしてくれる眼鏡をかけたデブ(失礼)がいたのです。それが吾郎さん。

その吾郎さんが亡くなったと知ったのは、今朝のスポーツ新聞。本当にショックでした。まだ65歳です。早すぎる死。本当に悲しいです。だから今日一日僕はブルーでした。
他の人には分らないかもしれませんが、僕に流れる「虎キチの血」は、地元で生まれたということよりも、間違いなく「吾郎さん」の人柄が染めたものなんです。その主が、この若さで亡くなってしまうとは…。だから今日は「その血」が涙しているのです。今はただ吾郎さんのご冥福お祈りいたします。そして「ありがとう!!」
僕に取っては「吾郎さん」がミスタータイガースやで!!
吾郎さん、天国行っても、その笑顔を忘れんといてや!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ガキbeans」と「吾郎さん」の会話

吾郎さん「おう、今日も二塁打打つからな、見とけよ!」
beans「なんで二塁打なん?」
吾郎さん「エンタイトルツーベースなら走らんで済むやろ!(笑)」

(注:吾郎さんは100kg超える巨漢です。)

なんて笑わせといて、本当に「二塁打(本当にエンタイトル)」打つ人でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | Comments (2) | TrackBack (6)

大南博美に捧ぐ

昨日の「大阪国際女子マラソン」でのこと。

UFJ銀行の大南博美選手が、前半から積極的に飛び出して
レースを引っ張ったが、惜しくも力尽き6位に終わってしまった。
テレビを見ているだれもが「無謀な」と思ったのであろうが、
結果、平凡な記録で6位に終わろうとも、調子が良かったんでしょう、
果敢に飛び出し、自分のペースで試合を運んだ大南選手に、
僕は拍手を送りたい。
だいたい、大南姉妹は実力はあるんだろうが、いまいち成績が
パッとしない。いつも見ていて、「自分」のペースに持ち込めていない
気がしていたのである。
だから、昨日のレースを見て、「チャレンジャー!!」と思ったけど、
勝てば「ヒロイン」負ければ「やっぱりな、無謀だよ!」と言われる
状況の中、「自分」を出して走っていた姿に感動しました。

きっと、昨日のレースの敗因分析をしっかりして次のレースに生かせば
彼女はきっとステップアップ出来るんはずです。
UFJ銀行のユニフォームを着てのレースが最後になるとのことですが、
クラブは変わっても、走る気持ちに変わりはないと思います。
がんばれ大南博美! 僕は次のレースに期待しているぜ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

甲子園は熱かった!

金メダルラッシュにわくアテネオリンピックに巷の話題は
独占されがちですが、昨日の甲子園の高校野球決勝戦、
すんごかったですね〜。
春の優勝校 愛媛「済美高校」と北海道勢初優勝を狙う
「駒大苫小牧」の対戦になると決まったときから
「こりゃあ、乱打戦じゃな〜」と仲間内で決勝戦を楽しみに
していたのですが、思惑通りというか、ピッチャーが可愛そう
というか、とにかく初回から目が離せない、球史に残る
壮絶な戦いでしたね。
最後の最後まで、どっちが勝つかドキドキものでしたが
「江川な人」(By 日テレ)風に言えば、7回裏の済美のエラー
が出たときに「こりゃ、貰った!」(駒大応援だったので!)と
思いましたね。
こういった、緊迫したゲームで、しかも今までヒットはすごい
数が出ていても、両チームエラーが無かったですからね。

結果は、見事、東北を飛び越えて、北海道に優勝旗が
渡ったのですが、負けて落ち込み、涙していた済美ナイン
には、「ようやった!」と言いたい。
おっちゃんは、オリンピックより感動したぞ!
久しぶりに鳥肌が立つ、すばらしい決勝戦でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

どうでもいいことなんだけど・・・

今日、スポーツニュースを見ていて、ふと思った。
近鉄バッファローズのバーン投手って、ベッカムに似てないか?

大阪近鉄バッファローズオフィシャルホームページ 選手名鑑
えっ、似てないって? そうかな〜。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

タイガース&マリーンズ

バタバタしている内に、気が付けば
両チームとも最下位になってしまったなんて。
まあ、タイガースの方はその後、2連勝して
星を五分にまで戻しましたが、気がかりなのは
マリーンズの方です。
タイガースファンは、永年の低迷と昨年の優勝とを
経験しているし、投打のバランスがかみ合っていない
だけで、そのうち何とかなるわ、と思っているんじゃないかと
考えるのですが、マリーンズの方は、少し悲観論が
出始めているんじゃないかと懸念しています。

星野仙一GMにしても、3年計画でチーム再建、優勝を
計画していたのですから(昨年は出来すぎ)、マリーンズも
今年はAクラスを期待しますが、実際の所、
今年からあらためて、チーム作りに取り組まなければ
ならないものだと感じます。
連敗を目の当たりにして、ちょっとブルーな気持ちに
苛まれているでしょうが、ここは一つゆったりとかまえて
応援しようじゃありませんか!
がんばれマリーンズ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑魚釣り

家のすぐ横に、川の水を貯めた防火水槽が
あります。そこには、うじゃうじゃ雑魚が泳いで
いるのですが、今日はそこで、Mieさんと奥さんと
3人で雑魚釣りをしました。

全くスレてないし、楽勝楽勝!と思ってましたが
何のその。全く相手にされません。

餌をつついてはくるのですが、完全に食いつきません。
手替え品替え、色々試しては見たものの、完全敗北です。

むかついたので、Mieさんの捕虫網をかりて、ぐるぐる
追いかけ回してやりましたが、鼻で笑われただけで
とても悔しかったのでした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

キンちゃん初安打おめでとう!

阪神タイガースの新助っ人キンケードに初安打。
しかもホームラン。オープン戦に4割も打ってたのに
なかなかヒットが出ず、もんもんとした日々を送っていた
のでしょうが、やと出ました。これで気分が楽になるねぇ。

このキンケード。試合見たらわかるけど、一所懸命プレー
してるのが、とても良いのですねぇ。ベース回るのも
全力疾走だし。そのキャンプ等でのひたむきな姿に
昔在籍したセシル・フィールダーを思い出しましたよ!

デイリースポーツによると、その彼が第2戦で八回に片岡と交代したあと、
もう打席に立つことはないのに、ミラールームで懸命に
スイングを繰り返していたそうな。
ねぇ、泣けるでしょう!
がんばれ、がんばれキンケード!めちゃめちゃ応援するでぇ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マリーンズ首位だっ!

セリーグ開幕により、心が虎色になっていた僕なのですが
以前ここでも宣言したように、パリーグは千葉ロッテを応援
しているのです。
その千葉ロッテマリーンズが昨日、ダイエーに連勝し
2001年4月22日以来の単独首位に躍り出ました。
やった~。あらためて、僕って福チン?なんて勝手に
勘違いさせて頂いております。

以前「おぐたんのマリーンズ伝説」にコメントとして書いたのですが、
アマチュア野球と違って「プロ」野球の選手っていうのは、
昔は4番でピッチャーというような、地元ではすんごい奴らの中から
更に選りすぐって集めた異能な人たちな訳ですから、
持っているポテンシャルって言うのは成績以上に僅差だと
思うんですよね。その僅差を上に持って行くか、下に下げるのかは、
技術指導よりも、監督以下コーチングスタッフの指導力や
メンタル面のサポートのほうが大事だと思ってます。
いや、きっとそうです。
弱小球団阪神タイガースを、再び猛虎に変身させたのは、
野村氏のID野球ではなく(確かに野村氏が今の基礎の部分を
作ってきたのは評価しますが)星野仙一氏の負け犬根性を払拭して、
とにかく勝つんや!っていうメンタルな部分が大きいんですもんねぇ。
(戦力補強もかつて無いほどしたの確かですが)
一方高校野球に目を向ければ、創部3年目の初出場、愛媛の
済美高校が決勝まで進んでるではないですか。やっぱ、上甲監督の
指導力なんでしょうねぇ。

と言うことで、我がマリーンズ率いるボビーですよ。
ボビーが名監督とまでは言い切りませんが、確実に
チームの雰囲気を一変させたのは、端から見てても
判りますもんね。これですよ。これ。
阪神が生まれ変わっていく姿を目の当たりにしてきた
タイガースファンと同じ思いを、今年はマリーンズで
やろうじゃありませんか。と同時にこれを足がかりに
星野さんがタイガースで描いているような、常に優勝を争える
チーム作り(補強を含めて)をマリーンズフロント陣にもお願いしたい。

ほんまに、今年の日本シリーズが楽しみや~!!!!
えっ、気が早いって?これが虎党のええところです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧