紀宮さまご成婚

天皇家のご長女、紀宮さまがご結婚なされましたね。本当におめでとうございます。近くでご記帳出来れば良かったのですが、なにぶん田舎なもので…。
歳も近い事もあり、大変失礼ながら、昔からのお友達のような感じがして、大変親しみを感じておりましたが、晴れてご成婚ということで、本当に嬉しく思いました。
さて、このご結婚に際しての報道の中で、いくつかの場面で、僕も歳なのか涙を流しました。
一つは、天皇陛下が「家族の絆は変わらないので、折々にいらっしゃい」と述べられた事。二つ目は、皇后様が紀宮様を抱きしめ「大丈夫よ」と何度も繰り返されたと言う事。そして最も涙をさそったのは、紀宮様が、披露宴の衣装に皇后様が着用されていたお着物を選ばれたと言う事。
前の二つは「うるっ」ってくるぐらいだったのが、三つ目はもう駄目、「号泣」です。こういった話に弱いんですよね〜。(涙)
何だろうね。やっぱり、自分の娘と重ね合わせるからかなぁ? 兎に角、一人で感動して、「やっぱ、僕って日本人なんだな〜」って、改めて感じております。日本に生まれて良かった。本当にそう思うエピソードでした。改めて、黒田慶樹さん、清子さんの末長いお幸せをお祈り申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

円周率83431桁って…

それにしてもスゴイの一言。千葉県の原口證(あきら)さん(59)が自己の持つ円周率の暗唱世界記録を塗り替えた話題(参照記事)が昨日からあちこちでやっておりましたが、よくもま〜、何て言うか、覚えるのも凄いけど、それをあの長時間暗唱し続けることに感動を覚えます。原口さん、お疲れさまでした。
「お金がかからない趣味だから…」ってコメントも好感が持てます。
何の役に立つのかって言われたら、「?」かもしれませんが、きっと記憶力の向上とか、様々な波及効果がありそうですよね。でも僕には出来ません。

しかし、そんな僕でも、小学生の時に担任の先生から教えてもらった覚え方で、ここまでは暗唱出来ます。

3.141592653589793238462643383279…

先生が教えてくれたのは、原口さんと同じように物語にして暗記する方法でした。
その話とは、

「産医師 異国に 婿 産後薬なく 産婦 宮しろに 虫散々闇に泣く」

って言う創作でした。
しかし、何十年経っても、印象に残っているものは覚えているもんですね。校歌なんかと一緒なのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

価格表示

4月1日から、消費税の表示が全て内税方式になり
価格設定の見直し、値札の変更、レジの設定変更
パンフレットやカタログなどの表示変更などなど
政府の気まぐれに振り回された皆様大変お疲れ様でした。

さて、今日のお話は消費税の事ではなく店頭での
価格表示のことです。

先日、スタッドレスから普通のタイヤへ履きかえる際に、
タイヤを新調しようと思い、とても有名なA社に行きました。
A社は、確かにタイヤ本体の価格は安い物も用意してたり
するのですが、それ以外にタイヤの交換料やガスの充填料や
バランスをとる代金や廃タイヤの引取料や・・・・・、
えっ結局いったい幾らやねんって感じでした。
何も考えずに店頭表示価格だけ見て「お願いします!」
なんて言った人は、レジで金額知らされてビックリするんじゃ
ないでしょうかねぇ。

そこでチョット「カチン!」ときた僕は、思いつく限り
タイヤ販売をしている所を廻り、かつ電話して総価格を調べました。
そうしたら、一番高いと想像していたGS
~良く行くセルフサービスのガソリンスタンド~
が一番安かったんですねぇ。
そこはタイヤ価格+1本500円の工賃のみだったから
結局一番安くついたんですよ。
総額で2万円位の開きがありましたよ!!
(もちろん、同じメーカーの同じサイズでの比較です)

このときに、思ったんですよ。消費税の表示をいまさらうんぬん
言うよりもこういった価格の提示方法こそ
総額表示とまでは言わなくても、わかりやすくせいっ!
と指導してくれた方が、消費者はよっぽど便利なんじゃ
ないでしょうかねぇ。
これって一歩間違えれば詐欺なんじゃないかとまで
勘ぐりたくなってしまうのは考え過ぎなんでしょうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

幸せって感じ!

先日コメント頂いた、ホームレスレスさんのHP
拝見したら、すっ、すごいです!

四つ葉に、五つ葉に、・・・・・・・、えっ、こんなのもあるんだ
ってかんじです。
自分が見つけたわけではないけど、この写真で
幸せを少しもらった感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミシンの話

ナミママの記事のなかの「ミシンの迷信」なる
記事を読み、「そういやあ」と、去年家でミシンを買ったときのことを思い出しました。

ミシンが欲しいと言うことで、家族連れだって、山陰のある地方都市へ
買い物に出かけました。大手家電量販店、大手手芸用品販売店、
大手スーパーとまわりどこも決め手に欠く内容の為、結局、電話帳で調べ
ミシン販売専門店と、メーカー直系販売店をまわることにしました。

ミシン販売専門店は、外観からして見るからにうさんくさく、
ここではちょっと買えんなあと感じ、直系販売店へ行きました。
(後で判ったことですが、本当に商売自体がうさんくさいらしい)

直系販売店では、さすがに応対も丁寧で、時間外にもかかわらず
ショールームへ通して頂き、商品をデモ付きで説明してくれました。
ここまでは良かったのですが、後からの対応に問題がありました。

家はばあちゃんが縫製工場へ長く勤めていたので、
ミシンのことは詳しく、①使用目的 ②必要とする機能
③価格帯 を明確に伝えたうえで、展示品の価格や機能などを
聞いたのですが、販売員さんの対応は、キャラクターの刺繍が出来る
高機能ミシンの説明ばかりで、こちあrの意図する答えが
なかなか得られませんでした。

女の買い物と言うことで静観を決め込んでたのですが、
店員さんの態度に呆れた僕は苛つく前に外に出て散歩でもしようと
商店街の中を歩き出しました。

そうすると、向こう3件先くらいにミシンの看板が目に入り、
なにげなくその店に入ってみると、古ぼけてはいる店だったけど、
きちんと整理されており清掃が行き届いているのがわかりました。

中にはいると、これって動くのか?とおもわれる年代物のミシンが
最新機種と同じく並べられて売られており、他の店と違いきちんと
商品の価格が提示されていたのでした。

初老のじいさん(店の主人)がいたので、年代物のミシンについて
尋ねたところ、全て自分で修理して販売しているとのことでした。

これは信用できると思い、ミシンを購入しようと検討している旨伝えると
①そのミシンは何に使うのか ②それによって必要な機能が違う
③それで機種、価格が決まってくる とこちらの意図するとおりの
答えが返って来るではありませんか。

そこで、すぐに店を出てばあちゃんと奥さんとMieさんを連れだし
そのじいさんの店に連れて行き、結局そこで意図するとおりの
ものを購入しました。

まあ、偶然というか、たまたま良心的なご主人がやっている店が
そこにあったので、家は良かったのですが、ほんとにミシンって
買うの難しいなあって思いましたよ。

しかし、ばあちゃんをはじめ、ミシンをする人はスゴイなあ。
あの針が上下する中に手を突っ込んでいくのって、
考えただけでぞっとしますよ。僕には無理無理。

| | Comments (4) | TrackBack (0)