うつるもんはうつるってことで。

案の上ってか、ワクチン打ってても?って驚くべき事なのか、Mieさん(6歳:長女)にcoco(1歳:次女)の水疱瘡がうつっちゃいました。
ということで、Mieさんは保育園しばらくお休み。

ワクチンのおかげなのか、症状はめちゃくちゃ軽く、「これってホント?」と疑うくらい、ポチポチが少ないのです。熱も出ないし…。
だから保育園を休んでいても、めちゃくちゃ元気!

そんなわけで、昨日の僕の久しぶりの何もしなくてよい貴重なお休みが、どこかに飛んで行きました!(あ〜あ…)この日ばかりは、何しようか細かく計画を立てていたのに、結果は、

   午前・・・・・Mieさんを病院へ
   午後・・・・・元気なMieさんの相手をする
   夕方四時・・・cocoを迎えに保育園へ

1日が短かっ!!
何せ僕らの1日は夕方四時に子供を迎えに行くと終わっちゃいます。後は、しばらく遊んで、風呂に一緒に入って、飯を食わせて、歯磨きして、寝かせる。ほとんど格闘技ですね。みんな頼むから、しばらく元気でいようよ。父さんは、看護婦さんにまで「大変ですね。」って労いの言葉をもらったぞ!


ええっと、ここからは、我が親愛なるメイリさんへ個人的メッセージ。
メイリさんの「幸運アイテムは・・・」の記事を読んで、水疱瘡だけど元気なMieさんに絵を描いてもらいました。メールで送っときます!
DSCN3487

| | Comments (3) | TrackBack (0)

二つの言葉

coco(1歳7ヶ月:次女)の身体能力の高さは良く分かっていたので、「きっとこいつはスポーツバカだね!」って決めつけていて、お勉強の方は…、って思ってたのですが、ここのところ言葉の成長が著しく、大人のまねして単語を発するだけだったのが、最近言葉を二つ以上並べて表現出来るようになってきました。

「ねね(姉)のすぷー(スプーン)?」「これ、ココ(自分)の」「とちゃ(僕)、開けて」等々。言葉がまだたどたどしくて正確には聞き取れないこともありますが、確実に「記憶力」が発達してきているのと、「いいかげんにしろよ!と言いたくなるほどの自己主張」が見て取れます。

自己主張に関しては、ほとんどまだ言葉を覚えてないうちから「自分で」って言う言葉をはっきりくっきり言うようになりましたから、自己主張はcocoにとっては優先順位が高いものなのでしょう。(困惑)
靴をはくのも「自分で」。シャツを脱ぐのも「自分で」。みかんの皮をむくのも「自分で」。ほんと、何でも「自分で」。
だから「自分で」の領域に他人が入ってきたときの「怒り」の凄まじさたるや…。
確かに「心の音を聞け! 自分の心のままに生きろ」と名付けたのは僕ですが、もうちょっと穏やかな性格になる名前の方が良かったのかな?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

さよならオデッセイ

DSCN3333実は、年末のバタバタしている最中、自家用車を買い替えまして、約10年連れ添った「ホンダ オデッセイ」の初期型とお別れしました。これまでに11台の車に乗ってきましたが、ここまで長く乗った車は初めてでした。本当に良い車で、多少ガタが来ているとはいえ、全く買い替える気がしなかったのですが、まあ諸事情により今回思い切ることになりました。

さて、話は新しい車をディーラーさんに取りに行った日の事です。オデッセイの中に残っている私物を、新車に移し替えているときに、ディーラーの駐車場に「ポツン」と置かれている永年連れ添った車を見て、もうこれでお別れなんだなと思うと、まるで友達か親族と別れるような寂しさがこみ上げてきたんです。そのことを家に帰ってからMieさん(5歳:長女)に話すと、Mieさんが感極まって大泣きし始めたのです。
「オデッセイがいい。新しい車なんか要らない。返してきて。オデッセイが…(涙)」と延々と泣き続けました。既に眠たい時間帯だったことが拍車をかけていたのは判っていたのですが、あまりに泣き方が激しかったので、そんなことを言ってしまった事を後悔しつつ、どうしたもんだかと悩みながら、何とか宥めすかして寝かし付けました。
翌朝、保育園に送って行く時に、まだ「この車、嫌だ」って言うかな?って内心どきどきしてましたが、昨日の事は何だったのか、「この車かっこいいね!」だって。
大量の涙と一緒に寂しさは流れて行ったのね…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

cocoのお絵描き 〜cocoギャラリー Vol. 1 〜

「ジロジロ」
coco(1歳7ヶ月:次女)がお絵描きする時に言う言葉。色鉛筆を持って「じ〜ろじろっ」って言いながら絵?を描いて行きます。今は「まりゅ」と言って、○を描くのが好きなのですが、先日「トト」と言って描いたのがコレ。「トト」とは、そう「となりのトトロ」のことです。まあ無理やり見たらトトロの形かな?

DSCN3434

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ガリガリ

Mieさんの腸感冒もやっとピークを脱し、今朝は保育園に行ける模様です。

結局、丸3日近く食事を取らなかったのかな? 気持ち悪いって言うので、先生が「水分さえ取れたら、飯は1週間くらい食べなくて平気。」って言うもんで、そのようにしておりましたが、完治して風呂に入る時に、体重計にのってみたら「16.6kg」しかなかったのです。おおよそ2kg減ですね。なんだか手足も細くなって、丸々ぷよぷよのMieさんがガリガリに…。
本人は至って元気なので問題ないのでしょうが、見てくれがなんだか可愛そうで可愛そうで。

やっぱり子供って、ちょっと「ぷよぷよ」位がちょうどいいですね。
20050315-b013

| | Comments (4) | TrackBack (0)

縫い物 2

DSCN3170
Mieさん(5歳:長女)が、保育園で作ってきたものです。先生が星形に下絵を描いて、その上を色とりどりの糸で縫ったようです。前回のエントリー「縫い物」で、真直ぐ縫えるかな?って心配してましたが、どうも心配無用で、真直ぐ縫えるようですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

cocoの挑戦

よいしょ。

DSCN3159






履けた〜!


DSCN3159_2







残念!

DSCN3159_3

| | Comments (5) | TrackBack (0)

縫い物

DSCN3151先日、いつものように仕事から帰ると、鞄を置く余裕もなく、「早く来て、見せたいものがあるけん。」と言って僕の手を引っ張っていくMieさん(5歳:長女)。そして机のところまで行き、見せられたのがコレ。
話を聞くと、保育園でやっているらしい。(危なくない針とか使ってるのかな?)
裁縫と言えば、僕らは確か小学校5年生のときに家庭科で習ったような気がするのだが…。(おませだね)

ナイフやカッターなんかと一緒で、危ないものだって認識した上で、注意して扱ってくれたら、多少針が刺さって痛い目に遭おうが何だろうが結構なんで、いや、むしろこういったものは必ずと言っていいほど怪我するものであって、そうして初めてその危なさが分かるものなので、そう考えると早いうちに習っていたり、出来るようになったほうが良いんでしょうね。

そういやあ、僕の部屋着や作業着は破れているものがあるので、今度Mieさんに縫ってもらおうかな~。それまでに、まっすぐ縫えるように練習させなきゃね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

寒いなぁ…

Mieさん(5歳:長女)と一緒にお風呂に入っていると、Mieさんが「寒いなぁ…」と言い出しました。
寒いと聞いて、「やばいやばい早く風呂で温まんな!」と言おうとしたら、「何か飲みたいそんなとき…」と続きを。しばらく沈黙があってMieさんが、「続きを言わな、お父!」と言いました。何だかどっかで聞いたようなその台詞。
「何だっけ? それ。」って聞いたら、続きを教えてくれました。
コーヒーのコマーシャルなんですね。(AGF/ご覧いただけるCMリスト/<ブレンディ>インスタント コーヒー『カフェオレは短歌のリズム 改訂2004』篇)
よくもまあ、そんなくだらんこと覚えているなあと関心しました。だいたいテレビって自分の興味ある所以外は流して見ているから、そんなに細かい事覚えていないんですよね。

風呂上がり、Mieさんは、髪を乾かすよりも先に机に向かい、一気に何か書き上げました。
それが、これ。DSCN3152


壁にまで貼るってことは、「お父、覚えなさい!」ってことなんですね。(笑)

AGFのHPみて判ったのは、このCMって母と娘の五七調の短歌のかけあいなんですね。だから、沈黙して続きを待っていたのか〜。なるほど。

追記:「かふおれ」「ほとするかも」「そこらでいぱい」
   「ぇ」や「っ」を判ってても入れられないんですね。
   くそ生意気でも、こんなところがまだまだ幼稚っぽくて可愛
   いかもね。

| | Comments (9) | TrackBack (1)

前売り券〜ふたりはプリキュアマックスハート2 雪空のともだち〜

Mieさん(5歳:長女)に、テレビの宣伝効果か、「お父、またプリキュアの映画やるで!」と言われていたので、今日仕事の合間に買ってきました”前売り券”。
「ふたりはプリキュア マックスハート2 雪空のともだち」
何だか、普通の映画チケットと違って、こういったものは”おっさん一人”で買いに行きづらいですね。
「変な趣味」と勘違いされても困るから、チケット売り場には「おばさん」か「男の人」がいることを望んでいたのですが、視界に入ってきたのは「若いお姉さん」でした。やっぱり期待は裏切られたかとガックリくるも、買わないわけにはいかないし、時間もないので、一直線に「お姉さん」のもとへ歩きました。

チケット売り場に着いたら、平然と「プリキュアの前売り券下さい。」って言おうと思ってたのに、お姉さんと目が合った瞬間、恥ずかしさのピークが来まして、つい「えーっと、何だっけ? そう、ぷり?ぷりきゅあのチケット下さい、親子券で。」と、すっとぼけてしまいました。あれれ、何でそんなことを言っちゃったんだろうと後悔しました。余計に言い訳がましくもあり、そんな態度をとった自分が一番恥ずかしかったです。
チケットもらったら、とっととこの場を去ろうと思ってたのに、お姉さんたら「特典が二点ございまして〜」やら「このチケットを当日、あちらで指定席にうんぬん」やらいっぱい説明しだすんです。これって一種の意地悪?って思っちゃいますよね!
兎に角次回からは、やっぱり子供を連れて買いに来ないといけないなと反省したbeansなのでした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧