2つのLUCKY!!

今日は珍しく早く帰れたのですが、おかげで?ラッキーなことが2つ。

1つ目は、予約していた『+1』が届いていた事。
すっかり忘れていたのですが、放っといても約束通り届けてくれる
Amazonさんはホント助かります。ありがとう。

んで、2つ目は何気につけたテレビで、『SONGS』
やっており、何とまりやの30th記念特集だと。
今終わったばかりなんですが、中でも2000年のライブ映像で
「不思議なピーチパイ』と『september』を見れた事。

思い返せば、その当時はあまりにも流れすぎていて、アルバムなんぞでも
あまり聞く気がしなかったこれら出世作が、改めて聞き返すと、しかも
ライブ映像で聞くと、いいよね。
歳をとったとはいえ、その声は衰えを知らず、特に
松たか子と歌っていた『元気を出して』では、格の違いが…。

いや〜、良かった、良かった。
偶然早く帰れたのも、『+1』を聞かずに偶然テレビを付けたのも、
しかもそのチャンネルがたまたまNHKだったことも、
日頃の行いの賜物と神様に感謝する豆夫なのでした。

<過去記事>
Denim 〜 竹内まりや
Denim到着 〜竹内まりや new Album〜

追記:『SONGS』のHP見たら、再放送のことがのっていました。

SONGS 1周年スペシャル
 〜 竹内まりや 30th Anniversary 〜
4月5日(土) 総合 午前3:40〜 (29分版)
4月8日(火) 総合 午後3:15〜3:59 (44分スペシャル)
4月9日(水) BS2 午前8:30〜 (29分版)

だそうです。見逃した方、Check it!

512ehayz1kl_ss500_

41nodlby6gl_ss500_

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイク・ターナー死去

僕の仕事用パソコンには、google desktopでニュースを表示させているので、気になるニュースが流れるとつい見てしまうのですが、今日は『アイク・ターナーさん死去」という文字が目に止まりました。

『アイク・ターナー』でピンとくる人は、きっと僕なんかよりもずっと年配者何でしょうが、所謂『元 ティナ・ターナーの旦那』と言った方が、一般的にはピントくるのかも。

僕も同時代で聴いていた訳ではないし、そんなに詳しい訳ではないので偉そうな事は言えませんが、何時だったか、昔々にラヂオでかかっていた『Proud Mary』を聴いて、直ぐに中古レコード屋に走って買ったのがコレ。
Rimg0008_1
Rimg0007_1
よその国で作られたベストアルバムらしいけど、アートワークもアメリカっぽくて好きな一枚です。
Tinaも、もちろん『Cool !』だけれども、個人的にはTinaだけよりもIke&…のが好みかな…。

死を悼むってことで、今夜はIke&Tina turnerを聴きながら、芋焼酎を飲みたいと思います。

そういえばTINAって映画もありましたね。見てませんけど。


アルバムのなどの詳細はこの辺を見てください。
Japan Listen
Sound jp


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Denim到着 〜竹内まりや new Album〜

「竹内まりや」で検索して来られる方が多いようなので、アルバム到着ついでに、少し感想など…。


Rimg0006_1




僕はあんまりテレビを見ないからかもしれませんが、また見てたとしても僕の住む田舎じゃぁ、東京のようにまとも?なCMを流さないので、アルバムの帯の裏を見て、こんなに色々なところに楽曲提供しているんだ〜という素直な感想をもちました。ラジオもまともに入らないし、結局、こういった発売と言う形でしか知らないんだよね…。

まあ、たまりに溜まって6年ぶりなのか、兎に角、ライナーノーツも見ずに、出勤途中のカーステへポン!と入れて、先入観無しにまずは清聴することに。

1曲目が軽快なリズムで、「On The Street Where You Live」が流れて来る。これはTBS系の「ブロードキャスター」のテーマソングなんですね。(見ないから知らなかったけど…)こういったもののアレンジは本当に「服部克久さん」うまいよね!
あと、気になった曲は、3曲目の「返信」これは、映画「出口のない海」の主題歌だそうで、ちょっと食傷気味の達郎アレンジでも、この手のアレンジは流石の一言。ボーカリストとしての秀逸さがでてますね。
それから5曲目の「シンクロニシティ(素敵な偶然)」これは明治製菓アーモンドチョコのCMソングだそうで…。まりやとセンチって、合うんだよね。ファーストアルバムから聞き慣れてるからか、とてもしっくり来ます。
つぎが7曲目の「Never Cry Butterfly」これが杉真理さんの作品。大学の先輩後輩ってだけあって、ピッタリ。目覚め(Wake Up Alone)、J-BOY、磁気嵐などRCA時代の杉作品も好きだけど、これは良いよね。
そして最後が12曲目の「人生の扉」これは協和発酵のCMソングだとか…。(そんなCM山の中じゃ流れないぞ!) これは言う事無いですね。この曲だけで、3千円出した価値があったと思いました。(豆嫁には「どれも同じ曲じゃん」と言われますが、嫁とまりやじゃ、歴史が違う。)
ライナーノーツの最初に書いてあるので、そこから読めばアルバムタイトルの意味が分かるのでしょうが、何も読まずに通してアルバム聞くと、この曲の所で、「そういう事ね!」と分るようになっていて、その作り方に感心させられました。最近歳を取って涙腺が緩くなって来ているお陰か、ちょっと「うるっ」と来ますね、この曲。ホント、良いです。

最後に、このアルバム。よくも悪くも「竹内まりや」らしいものなので、「どうしようかな〜」って迷われて、うちみたいな零細ブログまでチェックにくるような方。迷わず買ってください!



| | Comments (1) | TrackBack (0)

Denim 〜 竹内まりや

amazonからのメールで知らされた、「竹内まりや」のNewアルバムの発売。タイトルはDenim(初回限定盤)

オリジナルは6年ぶりなんですね。このブログを始める前の年だから、2003年に「Longtime Favorites」という、カヴァーアルバムが発売されたから、そんなに長くは感じなかったのだけど、本当に寡作ですね。

竹内まりや。僕にとっては憧れの方です。
思い起こせば28年前、豆姉が買って来た一枚のアルバム(UNIVERSITY STREET)〜テニスラケットを小脇に抱えたポニーテールのピンボケ写真のお姉さん〜それが「まりや」でした。当時はガキでしたから、姉の持っているアルバム以外は歌謡曲ぐらいしか聞かなかったのですが、このアルバムを聞いてすぐに、竹内まりやに恋をしましたね。だからこれを豆姉より多く聞いたのはもちろん、すぐにお小遣いかき集めてファーストアルバムである「BEGINNING」を近所のミドリ電化に買いに走った記憶が生々しく思い出されます。
僕は、青春(洟垂れ)時代だったこともあり、大学生のお姉さんに恋いこがれてたこともあり、これらRCA時代のまりやが特に他のアーティストの楽曲を歌うボーカリストとしてのまりやが大好きです。
だから、前回のカヴァーアルバム「Longtime Favorites」はめちゃくちゃ嬉しかったですね。特に男性ボーカリストとしては神様仏様バース大瀧様というくらい大好きな大瀧詠一御大とのデュエット「something stupid」が入ってるってだけで、昇天しましたよ、4年前に。
今回は、どうなんですかね…。センチメンタル・シティ・ロマンスなんてクレジットも入っているから、少しは期待持てるのかな?
個人的には大貫妙子さんが作詞作曲した歌をまりやが歌うのが好きなんだがな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おやじの琴線に…触れちゃいましたね

2月末から、キリンのCMで流れている木村カエラをボーカルに迎えての「サディスティック・ミカ・バンド」の「タイムマシンにおねがい」。木村カエラいいね!

そこでiTunes Music Storeで探したけど「カエラ」バージョンが無かったので、キリンのオフィシャルサイトで発見したメイキングムービーを、ほにゃららで●×△してほにゃららで楽しんでおります。(笑)
ついでにamazonで調べてもやっぱり無かったのですが、かわりに「circle」なる木村カエラのNewアルバムが発売されたばかりじゃないですか。はめられたね!酔っぱらってたからか、クリック数回でありゃりゃ、佐川便が。
若い子には人気あるんでしょうが、このCMでKIRINラガーとともに親父どもの琴線に触れたんじゃないでしょうかね? 早速聞いてみましたが、案外いけますね。パンク?っぽいのかな。でも合ってますね、雰囲気に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

iTunes Music Storeがオープンしましたね

indextopmac20050804待ちに待った「iTunes Music Store」が日本でもやっとオープンしましたね。8月にはとは聞いてはおりましたが、春も延期になったし、まだかな〜なんて思っていたら、あららオープンしてました。
早速記念にと何か買おうかな〜って考えてたら、豆嫁が横から邪魔して、自分の好きなやつを散々探して視聴したあげく、「Mieちゃんの好きなやつ買えば」って言い出し、適当にTop100を見ていて「これでいいじゃん」と豆嫁が買っちゃいました。
大塚愛「さくらんぼ」
なんじゃそりゃ?って聞くと、「知らないの?Mieちゃんが良く歌ってるでしょ?」とのこと。
大塚愛ちゃんの顔は知ってるけど、曲なんか知るかよ!とばかり、ダウンロードした曲を聴くと、うん、確かに聴いた事はある。しかし、まさか僕のiTunesのライブラリーの中に「大塚愛」が入って来るとは…。今後Mieさんが活用しだすと、どんなライブラリーになっていくのやら、先が怖くなって利用するのを止めようかとオープン初日にちょっと考えてしまうbeansなのでした。




さくらんぼ -Encore Press- (大塚愛描き下ろし絵本同梱5万枚限定生産盤)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サブちゃん大人気!

今日は、僕の住む町が所属する郡の農業委員会
(って何するところ?)の懇親会で、カラオケのお手伝い
をしたのでした。ただ単に、頼まれた曲を探してかける
だけなんですが、年の頃、50歳代~70歳台って感じの
オジちゃまの集団なんですが(レディもいましたが)、
リクエストされてくる曲を探していて、気づいたことに
凄い割合で「北島三郎」なんですね、これが。

何故そんなに人気があるのじゃ?ってな感じぐらい。
割合にしてそうさね~、5割!
でも知らない曲ばっかり何ですよ。
僕が知ってるのは「与作」か「函館の女」か
「おじゃる丸のテーマソング(何て歌?)」くらいだもんね。

「竹」とか「川」とか「谷」とか言われて、そんな歌あるのか?
何て思ったら、あるんですよ、サブちゃんは!

他にもおもしろいから調べてみたら
「城」「風」「運」「男」「狼」「命」「舵」「輝」「誠」「道」「橋」「山」
「緑」「夢」「誠」「歩」「轍」「情」「盃」「魂」「拳」「宴」がありました。
サブちゃん、狙ってるな~!
他のものも合せて、某通信カラオケで
ピンで126曲、デュエットで3曲、メドレー1曲の
合計130曲もあるんですよ。
皆さん知ってましたか?

あらためて、サブちゃんを尊敬し直しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mieさんのお気に入り ~アルバム編~

Mieさんの「お歌」話のついでに、今
Mieさんのお気に入りのCD2枚をご紹介。
「Mieちゃんも覚えるから、父ちゃんも覚えてよ!」
といって、強制的に覚えさせられています。

まず1枚目は、「ドラえもん」のエンディングテーマ(かな?)
島谷ひとみのYUME日和です。子供向けにしては、ちょっと難しい。
Mieさんはもちろんのこと、僕も覚えられない・・・。
でも、良い曲ですね。
cover



次が、ここの所よく登場する美少女戦士セーラームーンです。
このアルバムのおかげで、セーラムーンのキャラクターの
性格やこの物語の背景が判ったので、僕もMieさんと話を
あわせる上で重宝してます。

cover

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キルビルVol.2公開間近!

cover

キル・ビル Vol.2が4月24日(土)に公開されます。
タランティーノ作品は、狙ってB級映画仕立てにしている故、
好き嫌いがあるかと思いますが、タラちゃんと同世代の僕は大好きです。
ただ、タランティーノ作品は今ひとつ・・・と思われる方にも
サウンドトラックだけは、絶対にお勧めします!

過去のサウンドトラックをほとんど持ってますが、損したな~と
思ったことはありませんからね。
前回のVol.1でもそうでしたが、テレビを見ていたら
これでもかって程このサントラから収録曲が
使用されるんですよ。
(布袋寅泰
『新・仁義なき戦い』
のテーマや
『鬼警部アイアンサイド』のテーマ:ウィークエンダーのあの曲
といったほうが判りやすい?等々・・・
個人的には、梶芽衣子の『修羅雪姫』のテーマや
サンタ・エスメラルダの

「Don't Let Me Be Misunderstood~悲しき願い 」

が好きですが。これも尾藤イサオのほうが判りやすい? )

まあ、それ位業界の人も影響を受けるこのタランティーノは
映画監督としてよりも音楽プロデュースのほうが評価されてる
んじゃないかって思っちゃいますもんね。
でも、ユマ・サーマンが『キル・ビルVol.1』
でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされて
いたんだから、やっぱり監督としても評価されてるんだよね~。

と言うことで、最近一人で盛り上がっている僕なんですが
こういうときに、やっぱ、都会の方がいっぱいイベントがあって
良いなあ~と、都会への未練を少し感じてしまうんです。
それに、またアマゾンからCDが送られてきたら、奥さんに
「また買ったの~、フゥッ。」って呆れられるんだしなぁ。
(田舎にはHMVやタワーレコードなんてないのじゃ!)
イベント等詳しくは「キルビル Vol.2」公式HPまで!


<過去に発売したタランティーノ作品サントラ>
キルビル Vol.1
cover



レザボア・ドッグス(一番お気に入りです!)
cover


パルプ・フィクション
cover


ジャッキー・ブラウン
cover


タランティーノ・コネクション
cover

| | Comments (4) | TrackBack (1)

はっぴいえんどBOXが買えなかったお父さんのために

he.jpg

「はっぴいえんどBOX」が買えなかったお父さんのために
中身を公開します!といっても写真だけですけど。

何故かアマゾンでカード決済が出来ず、支払い変更をかけたため
一日遅れで4/1に到着しました。
それから、ず~っと「はっぴいえんど」漬けです。

浅漬けで止めとこうと思ってるのですが、
これが来るまではレコードでいちいちひっくり返して
A面、B面って聞いていたものが、一度MACに取り込んでしまうと
あとはi-Tunenからは8枚組が延々と・・・・・・・・。
そのためか、聞いて無くても頭の中で絶えず
鳴り響いてしまうんですよねぇ。

今も頭の中では「春よっ、こ~いっ!」って大瀧氏が叫んでます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧