DARAZ(だぁず)自動販売機

Ca390048 最近のニュースで、この話題をやっていたので、早速その設置された自販機を確認に行ってきました。 それが↑↓コレ。 Ca390047

『DARAZ』が ”まち”を変える!
2007.11.3-4 KIHACHI OKAMOTO プロジェクト

だそうです。詳しくはこちらへ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
NPO 喜八プロジェクト
NPO法人KIHACHIPROJECT

この自動販売機が、設置第一号と言ってたように思います。
今後は、米子の街に色々なデザインの自販機が増えてくるのでしょうか?
(こんなのが紹介されてました。 DARAZ自動販売機のイラストA DARAZ自動販売機のイラストB
何れにしろ、何らかの形で街を活性化させようという試みには応援したくなりますね。

新しいデザインを発見したら続報を届けたいです。

ちなみに今回の画像の自販機はここに設置されています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

生活習慣病予防検診

昨日は年に一度の人間ドッグに行ってきました。 僕は、年に2回健康診断を受けるようにしています。1回目は春に行う、会社で費用負担してくれる一般検診。2回目は健康保険で一部負担をしてくれる生活習慣病予防検診を受けています。 今回は、その2回目の生活習慣病予防検診です。

健康にはそこそこ自信があったので、今まで精密な検査を要求したい無かったのですが、今回は発泡剤を飲まされてゲップをするなと言われ体位をゴロゴロ変えられる胃透視ではなく、今まで受けた事が無く、皆が嫌がる『胃カメラ』を、興味本位で受けてみようと思い申し込んでいました。
別に健康が気になったのではなく、本当に『どんだけ〜』辛いのかを試したくて申し込みました。

そのメインイベントは、検診の最後にあり、まずは筋肉の動きを制御する注射を打たれ、次にベッドに寝ながら口の中にゼリー状の麻酔?をふくまされ、喉の周囲を痺れさせられました。
この時間が思ったより長く、唾を飲み込めないからコレって嫌だなって思ってました。
その間も、他の人は近くで胃カメラを飲んでおり、人に聞く『嘔吐く』感じが、感じ取れなかったので、『今時のカメラはたいした事無いのかな?』って、たかをくくっていたのですが、自分の番になり、医師が持っているカメラを見た瞬間に、気絶しそうになりました。

『ふっ、太い!』

そう、
胃の中に入れるカメラの管が、思ったより太いのです。
そういえば、胃カメラ飲む前に書かされた誓約書に、異常が認められたら、細胞を採取するけど、
その時は別料金ね! みたいな事が書いていたので、その機能が最初から組み込まれたカメラ故太いのではないか? と混乱した頭の中、
『リラックスしてください!』
と無機的に話す医師の言葉がこだまする中、胃カメラを口からぶち込まれました。

喉を少し過ぎた辺りで、『こんなの入る訳無いじゃん!』という思いとともに、吐き気が襲って来て、
以後ずーっと、『おぇー! おぇー!』と嘔吐いてました。

このとき初めて、『前日の夜9時以降飲食禁止』という意味が判りました。
この状況っていうのは、吐く物が無くなっても吐き気がある酔っ払った状況に似ています。一つだけ違うのは、吐いても吐いても、口を貫き通す『管』が在る事です。

吐き気と涙の中、『もうすぐ終わりますよ!』という医師の慰めの中、ただもう『早く終わってくれ〜。』と言う、力ない祈りの中、するすると胃の中を逆流する胃カメラをしっかりと感じながら、涙するしか力が無くなっていた情けない自分が居ました。

終わってみればなんて事は無いとはいえ、健康なのに(結果も)何でこんな目に遭わなきゃならんだ?という思いで、どんな事があっても健康は維持してやると誓った豆男でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

洗濯機でゴロゴロ

昨夜の宴で飲み過ぎた日曜日の朝、二日酔いの微睡みの中、豆嫁の不可思議な言葉が僕に投げかけられた。

「携帯を洗濯してしまったから、平日行く暇無かったら、朝から行って来て。」

「Z・・・、うん?」
「 ケ イ タ イ セ ン タ ク・・・」

携帯電話がゴロゴロと水流にのまれている映像が頭に飛び込んで来て、その驚きで飛び起きてしまった?

「どういう事?」と言う僕の問いに、
豆嫁は「酔っぱらって帰って来て、ズボンに携帯入れたままにしてるからやん。」だって。
どっちが悪いんだ?

携帯が無いと仕事にならないし、迷う暇も無く買いに行かなければ。
っていうか水没したって事はデータは?
あ〜ん・・・。
そっちの方が、何万倍もショックかも。トホホ…。

とりあえず電源が入らない携帯を持って、データ復旧という淡い期待を持って携帯購入へ行きました、Mieさんを連れて。

元々、バッテリーの持ち具合が短くなっていたので、買い換えを検討していたのですが、出来ればEXILIM携帯が型落ちで安くなってからって考えていたので、今では高過ぎておいそれと買える訳が無い。いや正確に言うと買えないと言う訳じゃなく、豆嫁に「高いの買って!」と文句を言われてしまう価格帯だということなのです。
となると、どうしても思惑と違う物を購入しなければならないので、困ったな〜とMieさんに相談しつつ、購入する品をあれこれ検討しました。
Mieさんは、水で駄目になったのだから「防水」にすればとのアドバイスだったのですが、売り場のお姉さん曰く、防水の物は真水なら1時間くらい大丈夫だけど、海水や薬品(塩素)等が入った水は無理だし、洗濯機でグルグルは無理っということなのでパスしました。(意味ね!)
ワンセグも要らないし、お財布携帯も要らないし、携帯に音楽も必要ないし(ipodで充分)で、結局カメラが良いのしか僕にとっては魅力が無いのよね。
いくら考えてみても、少々高いのは判っていても、やっぱりEXILIM携帯が欲しかったんだよね。
あれこれ手を考え、豆嫁にこの価格ならOKと言われそうな価格になるまで、カード決済代金を色々とお店の人の協力を得て操作してもらい、何とか納得プライスでカードを切りました。(完璧:笑)

Mieさんには、「少し裏技使うけど、母さんには本当の値段を言ったらあかんで。」と釘を刺し、二人の内緒ごとにしました。
内緒毎はうれしいようで、ニコニコしながら「内緒な!」と喜んでおりました。

最近、豆婆も携帯を買い、僕のも新しくなったので、Mieさんに「絶〜っ対、母さんも、買い替えようかな〜。って言うで!」って教えてあげていたら、案の定、豆嫁は真っ先に僕の携帯を触りながら、「いいな〜、母さんも買い替えようかな〜。」ですと。
Mieさんと顔を見合わせながらクスクス笑ったのは言うまでもなく、そのことを察知した豆嫁はすぐに「最近バッテリーの持ちが悪くなったからやで。」って言い訳してました。うらやましいくせにね!

Dscn6853
ぱっと見て、どっちが携帯か分らないですね。

ちなみに、初めて知ったのですが、携帯を水に濡らしてしまった場合、冷蔵庫に入れたりして完全に乾かしたら、まれに電源が入るラッキーな人もいるのだとか。とい言う事で、現在、僕の旧携帯は冷蔵庫の中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

姫路セントラルパーク その貳

Rimg0074


後ろ姿のcocoの向こうに見えるゴンドラの柱を見ると、「加森観光」の文字が。

「加森観光」?

って、夕張の再建のところで、あれって北海道の会社じゃなかったっけ?
って気になったのですが、旅の途中じゃ調べる事も出来ず、仕方なくその場は頭の片隅に記憶を
留めておくことにしました。

しばらく忘れていたのですが、写真を見て思い出し調べてみると、この会社って結構名の知れたリゾート地を買ってるんですね。姫路セントラルパークも一度は経営難に陥ってたようで、道理で何とはなしに漂う『駄目駄目感』がほのかに残っており、今は少し頑張っているんだろうなって感じでした。

加森観光傘下の主なリゾートは、

・安比高原リゾート(リクルートだったよね)
・姫路セントラルパーク
・のぼりべつクマ牧場
・スペースワールド(新日鉄だったけ?) etc.

ビックリしたのは、ローンパイン・コアラ・サンクチュアリーだって…。

ここは、うん十年前に行った事があるんですよね、実は。
あそこが日本資本かって思うと、何だかね…。
特にローンパイン・コアラ・サンクチュアリーが良かったっていう印象は無い(コアラ抱っこして、カンガルーやワラビーが『奈良の鹿』状態だったってイメージしか無い)し、きっと僕が
行った後に買収しているんでしょうから関係無いって言えば関係無いのだけれど、何だか損した感じがしたのは気のせいかしら。

ただ、こういった会社が、むかし聞いた事があるような『地方リゾート』を次々買収しているってことは、地方の観光がそれだけ、どこもボロボロになってたってことなんでしょうから、こういった専業者に見てもらった方が、それはそれで良かったんでしょうね。どことは言いませんが、明らかに経営難が見え見えの某遊園施設で、ペンキが剥げた遊具やボロボロになった動物の乗り物など『子供に夢を与える』どころか、惨めな思いをさせているんじゃないかって、何で高い入園料を支払ってこんな目に遭うんじゃ?って感じた事もありますので、それよりは、資本があるところが頑張ってくれた方が、行く甲斐がありますね。
良い会社かどうかは知りませんが、地方を活気づける手助けをしてください。よろしく!

話のほうもボロボロにな意味も無い雑感でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メキシカンマンゴー

少し復活出来たかと思うと、またまた多忙な毎日に流され1ヶ月…。 とりあえず、1年がかりの難題が解決したので今日は久しぶりに早く帰って来れました。 そこで一筆。

「たまには早く帰れ!」と、うちげのしゃちょさんに言われつつ、
「子供に!」とお中元のお裾分けを頂きました。
それがこれ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Rimg0006

『メキシカンマンゴー』
だそうです。

お中元で送ってくるような物だから、きっと高いよねって楽天で調べてみたら
1個千円以上もするんだね。スゲー!
今晩は冷やしていないので、明朝食してみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワタミのコムスン買収を考える

朝からたまたまテレビを見てしまったせいか、ワタミが訪問介護は要らないといってたのに、何故一括してまで引き受けるというのかを考えてしまった。

別に介護に直接関係する訳でもないのだが、「要らない」が一転して、「それでも欲しい」になるのだから上場会社である故「救済」などというお題目ではなく、やはり「儲かる」んでしょうから、何故なのかを出勤途中に考えてしまった。

ワタミって、HPを見ると、農業や介護、教育と幅広くやっているのですが、やっぱり中心は創業の「外食」なんですよね。事業の中心が東京周辺で、関西方面はぼちぼちで、その他は…。
HPのIRを見てみると、19年3月期の連結の営業キャッシュフローが9067百万円で、投資活動によるキャッシュフローが△8828百万円。コムスン買収の提示額がいくらになるかはしれませんが、そこまでして買収するって限りには、勝算がないとなかなか手が出ないような気がするんだが…。
介護だけの収入を見込んでとなると、厳しいように思えるので、後はメイン事業である外食との連携しか無いような気がする。
ってことで考えられるのは、コムスンを食材卸としての拠点、所謂地方にも「ワタミの外食事業」を出店する為の足がかり(コムスンの拠点がある所が多ければ、コムスンへの食材供給+外食で「セントラルキッチン」を建設しても費用が賄える)って考えればペイするのかな〜っていう結論になっちゃいました。供給する数が増えれば、食材購入のバイイングパワーも増すしね。

違うかな、渡邊社長?

ところで、渡邊社長は、いつまでこの問題を放置するんでしょうかね?
コムスン買収より先のような気がするのですが…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

PEPSI ICE CUCUMBER

今日も仕事が遅くなったので、帰りに喉でも潤そうかとコンビニに立ち寄った折り、
ドリンクコーナーで、野菜系のジュースを手に取ろうとした際、ちらっと横目に入った
「キューカンバー」の文字。
ドリンクにきゅうり? まさか? とその商品を手に取ってみたら、
文字通り「コーラ+キュウリ」との説明。
野菜つながりで、まっいいかと思わず買ってしまったのが、
「PEPSI ICE CUCUMBER(ペプシ アイスキューカンバー)」です。

Rimg0008_1

キャップを開けると、ほのかなキュウリの香り。決して飲欲をそそるような香りではないけれど、
ペプシが出す商品だから、飲んだらきっと美味いんだろうと口にしました。

説明書きには「コーラとキュウリ、驚きのコンビネーションの爽やかなコーラ!」
とあるのですが、違った意味で「驚き」かもね。

僕の体調が悪かったってのもありますが、何なんだろう? この一体感のないマズさは…。
これはきっと間違って「ヘチマコロン」を飲まされてるんじゃないか?って思わせる感覚。
いやきっとあれは「ヘチマコロンの炭酸割り」に違いない。

きっと。

たぶん…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

復活…出来るかな?


あれからまたまた1年。

復活出来るかな…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

記事より先かよ!

あ〜ぁ。冬バージョンの暗〜い世界で何本記事を書いたんでしょうかね?ということで、久しぶりの復帰に合わせて、春バージョンに変更です。

えっ? そんな暇なら記事を書けと。

いやいや、ま〜なんつ〜か、忙しさにかまけてサボってました。
御免。

でも何ですね。やっぱり「書けない(書かない?)」って言うのは、一種のストレスが溜まりますね。何せ頭の中には無数のエクセレントなボツ原稿が…。(ウソウソ。でも時機を逃すと書けないもんね)
では、また。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

でっ、でかい「ねずみ!」

先日、仕事帰りに国道を走っておりますと、車道の先に一匹の動物がのそのそと歩いていました。「猪か〜。」と思い、間違って引いてしまわないように減速しました。よ〜く見ると、60cmくらいの体長なので「子供か〜。」と思いつつ「親から離れたら死ぬで〜。」と心配しつつ、ゆっくり横を通り過ぎようと思ったら、細長いシッポを発見! 「シッポ?」と疑いつつ、バックして再確認すると、そこには見た事も無いデカさのまぎれも無い「ネズミ」がいたのでした。目の錯覚か?と思いましたが、何度見ても「ネズミ」だし、大きさも「60〜70cm(しっぽ除く)」くらいはあるし、足は細いし…、絶対「ネズミ」なんです。
あっけにとられていて、その間にのろのろと川の方へ逃げて行ったので、撮影するのを忘れてしまいました。(おバカ)
家に帰って豆嫁に「でかいネズミを見たで〜。」って告げると、意外にも「いるらしいで。」とのこと。東京都心の「ドブネズミ」もデカかったけど、そんな比じゃない!
これはスゴイ発見? と、まるで「つちのこ」でも発見したような興奮状態で、ネットで調べてみたら…。

「ヌートリア」って言う、大きなネズミがいるんだって。しかも「岡山」でたくさん捕獲されているらしい。(なんだ、つまんねぇ。)

それを知ってたら、そんなに驚かなかったかもしれませんが、多分、野生動物を生で見た中では、一番驚いたかも。みなさん「ヌートリア」って知ってました?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧